証券会社ランキング

今人気の証券会社が一目でわかる!

人気ランキングでは特に楽天証券SBI証券マネックス証券の人気はスゴイです。

取引手数料比較 定額手数料比較 信用取引手数料比較 証券会社ランキング

人気の証券会社ランキング

証券会社人気ランキング

人気ランキング1位楽天証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 472円 472円 472円 840円 1575円
楽天証券の完全リアルタイム自動更新機能のマーケットスピードは使い易く刻々と変動する株価や気配値、株式市場の最新情報、ロイター配信や最新のニュースをいち早く入手可能で、 従来のブラウザーベースでは実現し得ない自動更新機能と、専用ソフトならではの優れた操作性、顧客ニーズを常に取り入れた多彩な機能は最高です。まるでディーリングルームにいるような感覚を味わっていただけると思います。

人気ランキング1位SBI証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 200円 250円 450円 800円 1500円
SBI証券のアクティブプランなら約定代金10万円まで無料。手数料は業界最低水準!投資金額や優待内容からお目当ての銘柄が見つかる株主優待検索ツール、テクニカル条件や財務条件から銘柄の絞込みが行えるスクリーニング、 投資に必要な情報収集から注文発注まで一貫してサポートするリアルタイム・トレーディングツール「HYPER E*TRADE」や企業レポート、四季報の企業データ、クォンツスコア等など、各種情報分析ツールが豊富でしかもすべて無料

人気ランキング3位マネックス証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 1050円 1050円 1050円 1050円 3150円
マネックス証券なら多彩な注文方法でロスカットも利益確定も自由自在、逆指値/ツイン指値/一括注文訂正・取消/連続注文/リバース注文/サーフィントレード/選べる注文画面で勝ち時を逃しません! しかも注文は当日中、今週中、今月中など最大30日先までの期間指定注文が可能。 日興シティグループ証券、JPモルガン証券、株式新聞、フィスコ、QUICKなど、多数の情報ベンダーからの質の高い無料情報も豊富です。 マネックスナイター(夜間取引)もできて株式取引の機会が増えるので平日昼間働いてる私にはありがたいです。 注目点は貸株サービスといってお預けの株式をマネックス証券に貸出すことで金利がもらえる画期的なサービス、株式から値上がり益、配当金に続く「第三の収益」が生まれます。株式の時価に応じて日々金利が付与されるうえ、売買に関する制限も一切なし! この貸株サービスを長期的に利用すれば実質手数料は他より安いかも知れません。 普通株の1/10の金額から投資できるミニ株もあり、それから中国株も全銘柄をリアルタイムで取引でき、インド、中国、ロシア、ブラジルの投信も扱ってます。

人気ランキング3位カブドットコム証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 500 500 1050 1050 1890
使いやす7通りの自動売買、自動売買No1 カブドットコム証券は、すべてのサービスを利益最優先の視点で初心者からベテランまで、リスクを上手にコントロールしながら利益を伸ばすために役立つ「リスク管理追求型サービス」を用意。常に最先端のサービスを提供してくれます。逆指値注文をはじめとしたさまざまな注文方法も、便利さに加え損失を抑え利益を伸ばすために役立ちます。「損をしないこと」を重要視するスタイルが「儲かること」に繋がります。 貸株料がもらえたらり、無料の投資情報やチャートも充実していて、かなり使えます。オススメです。Kabu com PTS(私設市場)では約定代金1,000万円まで手数料378円と安いです。信用取引大口の場合は手数料0円。

人気ランキング3位岡三オンライン証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 200円 250円 450円 800円 1500円
岡三オンライン証券が日本株の取扱いを開始。岡三グループの投資情報でバックアップしてくれます。売買シグナルが一発表示される「アルゴトレード」など好評なサービスが満載!6月23日から9月30日まで日本株取引手数料無料キャンペーン実施中!

丸三証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 0円 0円 1050円 1050円 3150円
丸三証券なら取引回数に関わらず取引金額が20万円までの場合は売買手数料が無料。マルチタスク対応で、リアルタイムのチャートを見ながら注文OK! ←これがいいんです!「リアル株価ボード」は最大200銘柄登録できて、株価やチャートは15秒毎の自動更新。 リアルブローカー「疾風くん」は株価・株式注文データのリアルタイム自動更新を実現した、オンライン証券取引システムで、「今の株価を見たい」「今すぐ注文を出したい」「今すぐ約定結果を知りたい」 というアクティブな投資家も満足。 口座開設後は売買代金、売買回数にかかわらず2ヶ月間手数料無料。

内藤証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 200円 250円 390円 740円 945円
内藤証券は手数料を大幅値下げし利用しやすくなりました。選択肢に加えてみてもいいかもしれません。 中国にある上海事務所を通じてアナリストが取材したニュースを配信してくれるなど、中国株にも強い証券会社です。

そしあす証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 231円 231円 231円 462円 462円
そしあす証券の手数料は約定金額が50万円以下でなんと231円!トレジャースタンダードと 現物取引、信用取引に関わらず1日合計約定金額が300万円以下で1260円のトレジャーボックスとが選択でき、どちらの手数料プランにおいても業界最低水準を実現しています。 しかもトレジャースタンダードとトレジャーボックスの手数料プランは1日毎に変更可能で、取引状況を考えながら選択することが出来ます。

GMOクリック証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 105 105 315 525 1050
GMOクリック証券はお客様一人一人の投資スタイルに合わせた自分だけの投資環境と、Web 2.0と言われる様々なサービスを展開していくそうです。なんだか投資が楽しくなりそうですね。 ◇◆◇『GMOクリック証券』がお約束すること◇◆◇1.驚き!業界を激震させる手数料体系をご提供 2.感動!「はっちゅう君」などアンビリーバボなツール   3.満足!「素早い発注」「落ちない」を実現したシステム。手数料が安いだけでなく、これだけ充実したサービス、私も早速、申し込みました。^^

松井証券
約定金額 10万 20万 50万 100万 300万
取引手数料 0円 315円 525円 1050円 3150円
松井証券の手数料は投資スタイルに合わせて1日に何回取り引きしてもある約定代金までは定額の手数料体系です。 そして1日の取引額が10万円以内なら手数料は無料です。これなら「少額からの株式投資を始めてみようかな」という方にもお勧めです。 松井証券では預けた株式に対して「預株料」を受け取ることができますので、いままで眠らせていた株券を有効に活用できます。 東京三菱・三井住友・UFJ・みずほ・スルガ・イーバンク・ジャパンネット銀行と郵便貯金の専用ネット入金サービスなら振込手数料が無料です。

証券会社項目別ランキング

 Eコマース(電子商取引)サイトの評価を行っているゴメス社は昨日、
オンライン証券について以下6項目の観点から利用者の重要度を加味して、
最新の顧客タイプ別オンライン証券のランキングを発表しましたので
ご紹介させていただきます。

*評価項目
ウェブサイトの使いやすさ
ウェブサイトの安定性と信頼感
投資情報の充実度
金融商品の幅広さ
便利な機能・サービス
総費用

オンライン総合型
(様々なニースに応え、コスト面の有利さと機能面の多様さを重視)  
1位)SBI証券
2位)マネックス証券
3位)カブドットコム証券

アクティブトレード重視型
(手数料の安さや取引ツールの機能性で短期的な取引を行うユーザーに向いている)
1位)楽天証券
2位)SBI証券
3位)岡三オンライン証券

バイ&ホールド型
(長期的な視点から投資を行うユーザー向けに、投資情報サービスや長期投資に役立つ金融商品が充実している)
1位)マネックス証券
2位)大和証券(ダイワ・ダイレクト)
3位)SBI証券

モバイルサービス
(モバイルサイトを通じて提供されるオンライントレードサービスの利便性が高い)
1位)松井証券
2位)SBI証券
3位)カブドットコム証券

ちなみに、マネックス証券はWEBサイトの「使いやすさ」及び
「安定性と 充実度」、「便利な機能・サービス」の3項目でトップ。「投資情報の充実度」では
カブドットコム証券が1位となっています。  尚、ゴメス社の主要株主は日本のモーニングスター社であり、そのモーニン グスター社はSBIホールディングスの傘下にあるため、身内の会社が総合1 位となっているとの見方もできますが、SBI証券はオリコンが行った「顧客 満足度ランキング(2010年度)」でも総合1位となっています。