投資信託・ファンドについて

投資信託とは、日本株、アメリカ株、中国株、インド株、外国債、不動産などをプロのファンドマネージャーに運用して

もらう金融商品です。投資信託なら少額からはじめることもできますので、これから投資を始める方にはいいかもしれません。

投資信託比較

投資信託・ファンド比較


複数の会社に口座開設することで無料で多く情報を得ることができます。
言うまでもなく投資信託(ファンド)で勝つためには手数料や投信の分配比率、情報が重要です。
投資家の多くは平均4~5の会社に口座開設して無料で情報とサービスを利用しています。
無料で情報を収集し、目的にあわせて利用するのが常識になっています。
おすすめは総合力で楽天証券、マネックス証券、オリックス証券です。
迷ったら複数の会社に資料請求して比べてみてください。特徴がよくわかります。
とりあえず気になった会社には口座開設して、使いやすいところに絞っていくのが良いかと思います。
資料請求は無料ですので気軽に資料請求し、投資スタイルにあったところが見つかれば幸いです。
ここで紹介する会社は全て安心、安全で評判が良く人気のあるところを厳選し紹介しています。
また、ここで紹介する投資信託取り扱い会社は口座管理料などすべて完全無料です。
楽天証券
(詳細、無料資料請求)
楽天証券 オススメ度★★★★★
楽天証券は投資信託取扱い本数ネット証券中No.1です。詳細、無料資料請求はこちら



マネックス証券
(詳細、無料資料請求)
マネックス証券 オススメ度★★★★★
マネックス証券は申込手数料無料(ノーロード)の投資信託を多数取り揃えあり。様々な切り口から私たちに合った銘柄選びをサポートする豊富なコンテンツがあります。マネックスでしか買えないマネックス専用ファンドも多数あります。 詳細、無料資料請求はこちら



フィデリティ証券
(詳細、無料資料請求)
フィデリティ証券 オススメ度★★★★★
1946年(昭和21年)創立のフ.デリテ.証券は、半世紀以上にもわたり個人投資家から機関投資家まで、様々な投資サービスを提供しています。日本でも35年以上も営業を続ける、老舗です。 詳細、無料資料請求はこちら



SBI証券
(詳細、無料資料請求)
SBI証券 オススメ度★★★★★
ネット証券最大手のSBI証券。 投資信託の取扱本数は約310本、その内、購入手数料無料のノーロードファンドが約110本とネット証券最大規模のラインナップ!今話題のBRICsファンドや定期分配型投資信託も取り扱っています。 その他、株など様々な資産運用が可能です。 詳細、無料資料請求はこちら